ハーブガーデンシャンプーって、
洗浄力はどうなの?

強め?弱め?頭皮に優しい?

 

ハーブガーデンシャンプーといえば、
100%が天然成分でできています。

 

ということは、洗浄成分自体も、
天然由来成分なわけです。

では、その天然由来の洗浄成分は、
いったいどうなのでしょうか?

 

洗浄成分にはソープナッツエキスが使われる

ハーブガーデンシャンプーに使われている
洗浄成分には、”ソープナッツエキス”
という成分が使われています。

 

このソープナッツには、
“サポニン”という天然の界面活性剤が
多く含まれている為、
上質な泡立ちが実現可能です。

そして、界面活性剤ということなので、
汚れや皮脂を洗い流す力もあります。

 

しかし、この界面活性剤は、
天然由来の成分なので、
洗浄力が強過ぎません。

詳しく説明すると、
この洗浄成分は、

・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸Na
・ココアンホプロピオン酸Na
・コカミドプロピルベタイン

といった洗浄成分になります。

 

そして、これらの成分は、
化粧品博士で有名な、
かずのすけさんにも、

「洗浄力が優しく、
頭皮への負担が少ない」

と高評価なのです。

 

つまり、
ハーブガーデンの洗浄成分は、
アミノ酸系の成分なので、
皮脂や汚れを洗い流しながら、
頭皮への負担が抑えられるのです

 

因みに、かずのすけさんには、
ハーブガーデンシャンプーは
まだ解析されていませんが、
かずのすけさんの観点から、
このシャンプーを独自に評価した
サイトがあるので、
興味があれば読んでみてください。
ハーブガーデンはかずのすけさんにどう解析されている?

 

市販の安いシャンプーは石油系界面活性剤

ハーブガーデンシャンプーは
天然の界面活性剤なので、
頭皮に優しい洗浄成分です。

 

一方で市販の安いシャンプーは、
石油系界面活性剤となっています。

 

これは読んで字のごとく、
石油系の洗浄成分で、

・洗浄力が非常に強い
・泡立ちが良い

といったことが特徴です。

 

その為、この洗浄成分の場合、
洗浄力が強過ぎて、
“頭皮の皮脂を取り除きすぎてしまう”
ということが起こりやすくなります。

 

頭皮の皮脂というのは、
実は肌バリアのような役割をしていて、

・紫外線などの外部刺激から守る
・頭皮の潤いをキープする

という働きをしています。

 

それなのに、石油系界面活性剤によって、
皮脂がごっそり取り除かれると、
頭皮内の保湿成分が蒸発して、
乾燥肌になってしまいます。

 

そして更にこれが悪化すると、
敏感肌になってしまい、
どんなシャンプーを使っても、
かゆみが出たりして、
アレルギー反応が出やすくなります

 

だから、もしあなたが、
いつまでも長く頭皮を潤わせて、
ツヤサラな髪にしたいなら、
石油系界面活性剤入りの
シャンプーは使わない方が良いのです。

 

安全性を取るならハーブガーデンシャンプー!

今回は、

・ハーブガーデンシャンプーの洗浄成分
・市販のシャンプーの洗浄成分

この2つについて説明してきました。

 

ハーブガーデンシャンプーの場合、
天然由来の洗浄成分なので、
市販のシャンプーに比べると、
洗浄力は少し落ちますが、
頭皮への負担が軽いです。

だから、その分、
頭皮トラブルも起こりにくく、
髪の潤いやツヤもキープできるので、
安全性を取るなら、
間違いなくハーブガーデンシャンプーが良いでしょう。

 

もし、このシャンプーについて、
口コミを知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
ハーブガーデンシャンプーの口コミを評価!どんな秘密が!